激安!無料!スマホ年賀状・アプリのサービス比較

郵便局のLINE年賀状が送れる「スマートねんが2022年」やり方&料金解説

LINE年賀状郵便局スマートねんが日本郵政公式送れる

日本郵便は、LINEアプリ上で作成から送付、受取・保存までできる年賀状サービス「スマートねんが」を2021年12月8日(水)から提供しています。郵便局のライン年賀状の使い方や料金、画像だけでなく動画も送れる楽しみ方をレポートします。

【2022年】LINEで送る!無料の年賀状はこれ!スタンプやカードで送って楽しい♪

郵便局のLINE年賀状やり方

line年賀状郵便局スマートねんが009

郵便局のLINE年賀状はすごく簡単に、作成利用することができます。やり方をご紹介しますので、まずは試してみてはいかがでしょうか。
写真の挿入までは、体験版として無料で利用できるため、気軽に試すことができます。

コンセプト動画:https://youtu.be/cy0iN3XMpho

W e bサイト:https://nenga.yu-bin.jp/smart-nenga/

郵便局「スマートねんが」LINE公式アカウントを友達登録して「年賀状をつくる」をタップします。
購入したパックの中から裏面のデザインを選びます。
写真や動画を挿入したり、スタンプを貼ったり、メッセージを書いたりカスタマイズ可能です。
宛名面を記入して送付する準備が完了です。
LINEで送付可能ができて、印刷して送付することもできます。

【開発の背景】
年始にあいさつを交わす文化は、長い年月をかけて私たちの生活に根付き、年賀状もその文化の一部として、多くの方にご利用いただいてきました。近年では、パソコンやスマートフォンの普及により、EメールやSNSといった手段を通じてのあいさつも広まっています。このように年始のあいさつの形が変化していく中でも、「年に1度は大切な人のことを想い、心をこめて年始のご挨拶をしたい」というニーズは根強く存在すると我々は考えています。そのような背景のもと、本来の年賀状が持つ“心をこめる”という温かさの源としての「手づくり感・カスタマイズ性」を伸長しつつ、時代に沿った「手軽さ」を付加した、「DX時代の新しい年賀状のかたち」として本サービスを開発されました。

LINEでつくりLINEにとどく、DX時代の新しい年賀状サービス「スマートねんが」の提供開始
【サービスの特徴】
LINEにとどくスマートねんがでつくったデジタル年賀状は、友だちにLINEで送ることができ、相手のLINEトークに直接、年賀状がとどきます。

郵便局のLINE年賀状 料金設定

line年賀状郵便局スマートねんが004

年賀状パックの購入で、期間中※1は送り放題デザインテンプレート5種入り(無地含む)のトライアルパック(200円・税込)から全30種のテンプレートが全て利用できるプレミアムパック(500円・税込)まで、三つの「年賀状パック」のいずれかを購入して※2利用スタート。期間中は何人でも、何通でも送り放題です。・支払いはクレジットカードまたはLINEPayがご利用いただけます。・年賀状パックは、差額を支払うことでアップグレードが可能です・LINEでの送付の場合、グループLINEへの送付も可能です。
※1 LINEでは2022年1月1日(土)から2022年2月4日(金)まで送れます。
※2 2022年用年賀状テンプレートの購入代金です。テンプレートの利用期間は2022年2月4日(金)までです。

郵便局のLINE年賀状 住所が分からなくても届く

相手の住所が分からなくても、作成した年賀状は印刷・投かん依頼が可能つくったデザインの印刷・投かん依頼も、別途230円(税込)/枚の料金(年賀はがき代込み)でご利用いただけます。宛先住所の確認はLINEのトーク画面上に相手の住所入力フォーマットへのリンクを送り、住所を入力してもらうため、送り手が住所を知ることなく紙の年賀状を送ることができます。

郵便局のLINE年賀状 写真や動画を入れることともできる

郵便局のLINEスマートねんがでは、写真や動画で年賀状を作ることもできます。 デジタルならではの“動く年賀状”がつくれる「手書き/打ち文字メッセージ」はもちろんのこと、「動くエフェクト付きテンプレート」「動画挿入」「ボイス挿入」「動くスタンプ挿入」など、自由にカスタマイズしながらデジタルの特性を最大限に活かした動きのある年賀状を作成することが可能です。
いつでもどこでも、すぐにつくれてすぐに送れるLINEだから移動中などの空き時間に作成が可能です。つくってすぐに送れるので、例えば1月1日に撮影した動画を使用して送ることも可能です。なお、作成・保存した年賀状を送付できるのは1月1日以降となります

郵便局のLINE年賀状  当たりくじ付き

。■抽せんで合計1万本のLINEポイントが当たる「スマートねんがくじ」1/10までに“スマートねんが”に届いた年賀状を見ると「スマートねんがくじ」に参加できます。

毎年の管理も簡単

つくった年賀状ともらった年賀状は年度ごとに保存され、管理も簡単友だちから届いた年賀状は届いた年度ごとに整理されて保存されます。さらに、自分が送った年賀状も、年度ごとに整理されて保存されます。

※LINE株式会社は、「郵便局スマートねんが」のプロモーション・キャンペーンのスポンサーではありません。
※LINEおよびLINEロゴは、LINE株式会社の登録商標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿
最近のコメント
    検索